Energy of Beauty

loveself.exblog.jp ブログトップ

気になるきのこの森 vol.2

お待たせしました!前回の「きのこブログ」の続きです。

つ、ついに明らかになる!「国際きのこ會館」の行方はいかに?

大学時代の友人Y子が気になって電話をかけてみると、なんとつながるではありませんか!
  Y子: 「もしもし?」
  先方: 「はい、桐生国際ホテルでございます。」
  Y子: 「??あの~、国際きのこ會館ではないんですね?」
  先方: 「あ~、え~、私どもは7月11日にオープンしたばかりでして~。実は、オーナーが             変わりまして前のきのこ会館からリニューアルオープンしたんですよ。」
  Y子: 「そうですかぁ~。じゃぁ、もうきのこはないんですね?」
  先方: 「はぁ~、でもさほど変わりはないと思われますが・・・。一応、正式名称は『きのこ              の森 桐生国際ホテル』ですので。」
 
ということで、前のオーナーが経営していた「国際きのこ會館」はつぶれて、それが買い取られて「きのこの森 桐生国際ホテル」となったようです。

そもそも「きのこ会館」て、いったい何だろう?
この土地できのこについて研究し、現在の栽培方法をあみ出した森喜作さん。彼はきのこ博士と呼ばれていて、きのこ研究について世界中から注目されていた先生らしい。あるとき「国際きのこ会議」が開催されるにあたり、海外から会議に出席する方々の泊まる場所として「きのこ会館」が作られたということです。
なるほど~!ただの「きのこ会館」ではなくて「国際」きのこ会館である理由も明らかになりましたね。

「きのこの森 桐生国際ホテル」どんなところか気になるので行ってきましたよ~。

せっかくですから、いろんな写真を公開しちゃいます。見てください!

お部屋ではさっそくきのこの湯のみ茶碗がお出迎え
d0058312_510090.jpg

トイレの案内表示の中にもきのこ発見!
d0058312_5102714.jpg

お食事の後はホテル内の「バーわらいだけ」で一杯いかが?
d0058312_5512766.jpg

まだまだこんなもんじゃございませんよ。その他にもいたる所にきのこが隠れていました。
ただし、きのこが好きだからといって食事目当てで行ってもほとんど出ませんからっ!残念!
ふつうにおいしい立派なフランス料理フルコースでした。一品だけきのこが入っていましたがめちゃくちゃおいしかった~。どうしてもおいしいきのこ料理が食べたい方は、近くの「きのこ茶屋」にてきのこ会席をご堪能いただけます。次回は私たちも「きのこ茶屋」で本当のきのこ三昧するつもりです。
きのこ好きのあなた!ぜひ、一度足を運んでみてはいかがですか?

  注意: 若者はほとんどいません。宿泊客の年齢層は主に60歳以上とみられます。

by yuko
[PR]
by loveself | 2005-08-03 05:55 | 日々徒然

Your beauty is our business


by loveself
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite